スポンサードリンク

トップページ >郵便局 祝電> 郵便局の祝電はレタックス

郵便局の祝電はレタックス

郵便局の祝電はレタックスと言います。


郵便局も郵政民営化になり、民営事業で進められていますが
祝電や弔電などの電報業務は引き続き行われています。
「レタックス」は郵便局の行う電報業務の呼び名ですが、
そのサービス内容は、ほとんど変わってはいません。


祝電は入学式や卒業式、結婚式、記念日、誕生日など、
様々な場面で使用されていますが、
郵便局のレタックス電報で祝電を贈る場合について
主な特徴をお伝えします。

郵便局の祝電や弔電などの電報である「レタックス」は、
直接、最寄の郵便局へ出向き、窓口で申し込みます。


祝電や弔電などの電報文章は、文例や例文を参考にしながら
作ることが出来ますが、手書きであり、その書いた手書きの文字
そのものが、台紙に繁栄され、そのままの文字体で
相手に送られる事が郵便局のレタックスの大きな特徴でしょう。


文字数に制限は無く、金額も定額ですが、
選ぶ台紙によって、金額が変化するので、注意してくださいね。


インターネットから祝電や弔電などの電報が申し込める時代に
郵便局のレタックスは昔ながらの味を残している
電報サービスであると私は感じますし、
どこか、いいものだなと思えます。

Page Top ▲