スポンサードリンク

郵便局から祝電を贈るために

郵便局から祝電を贈れることは皆さんご存知でしょう。
祝電と言えば、NTTなどを通じて、電話で送るもの、と思いますが、郵便局でも、祝電を送ることは出来ます。
祝電を送るのに、電報だと少しありきたりだし、E-mailで送るのも味気ない、と思うなら、郵便局の祝電を利用してみるのも良いかもしれません。
郵便局の電報は、レタックスと言われ、郵政省が1981年に開始した郵便サービスの商品名で、法令上では電子郵便と呼ばれます。2007年10月の民営化に伴い、郵便事業株式会社が引き継ぎました。レタックスは、局内ファクシミリを用いて郵便物を高速に送達するものです。

レタックスを利用するには、直接、最寄の郵便局へ出向き、窓口で申し込みます。祝電の場合でも、文例や例文が用意されていて、これを参考にしながら文章を作ることが出来ますが、手書きであり、その書いた手書きの文字そのものが、台紙に繁栄され、そのままの文字体で相手に送られるます。ここらが他の祝電と違うところでしょう。
文字数に制限は無く、金額も一律580円と定額ですが、選ぶ台紙によって、金額が変ります。
早く送れる電報のメリットと、手書きの手紙の暖かさの、昔ながらの良さをミックスしたサービスと言えるかもしれません。

ただ、郵便局へ直接行って手続きする必要がありますし、少しばかり手間もかかる、ということから、あまり利用者は多くないのが現状のようです。
こうしたことから、最近は、インターネットからの申し込みでレタックス配送が出来る「WEB電」と言うサービスもあります。
これだと、インターネット受付で、24時間いつでも申込みでき、全メーカーの携帯からも、パソコンからも、海外からも日本国内向けの電報が、利用できます。

料金は300文字まで一律料金。300文字あれば、祝電や弔電には十分な文字数でしょう。つまり、文字数をほとんど気にすることなく、文章を作れます。
15時時点の申込みで当日中に郵便局から配達され、郵便局が配達するので、安心・確実なシステムです。
あまりお金をかけずに、確実に、最低限の気持ちだけは込めて、祝電を送りたい、という場合、郵便局の祝電は利用のしがいがあるかもしれません。
ワンコイン電報、と言う名称もあるようですが、リーズナブルな費用で電報が贈れるので、会社関係でも利用するところが増えているようです。
フラワーやぬいぐるみなどを添えて送る付加サービスも、追加料金を払うことで利用できます。

【情報社会】

期間 限定版
ティアーズトゥティアラ 限定版
ストライクウィッチーズ 限定版 第1巻
ポリフォニカ 限定版
ホリック 限定版

Page Top ▲

web電の会員特典

web電の会員になると特典が付きます。


web電の会員特典には


1.電報料金の支払い方法が選べる


個人の場合は、クレジットカード決算が可能である。
法人の場合は、カード払い、銀行振り込み、口座自動引き落としなどが選べる。


2.電報差出人を事前登録できる


よく利用される差出人を法人会員様50名・個人会員様10名まで
事前に登録できる事により、いちいち、差出人情報を入力することなく、
手早く手配が可能である。


3.オリジナルメッセージの事前登録が可能


電報文例登録は1会員様30文例まで登録できます。
文例や例文などのサンプルから選ぶことなく
事前に自分で作成しておいた文章を登録しておくことで、
手軽に電報を素早く作成できます。

4.ポイント制


使用回数に応じて、ポイントがたまります。
貯めたポイントで支払いの割引が利用できます。


5.電報発信履歴の検索が可能である


経費管理に便利がいいのですが、
1年間の保存が可能である、自身の電報発信履歴が検索可能です。


このように、web電の会員になると、様々な特典がつきますので、
多く利用する方は、会員になる事も考えてみてはどうでしょうか。

Page Top ▲

web電の特徴

web電はインターネットから祝電や弔電などの
電報の申し込みが出来るサービスであり、
郵便局のレタックスが使われているのは有名ですよね。


web電の特徴としては、文字数が300文字までは
一律料金になっています。
300文字あれば、祝電や弔電には十分な文字数ではないでしょうか。
つまり、文字数をほとんど気にすることなく、文章を作れるところがいいですね。


それから、緊急を要する電報の場合、例えば
弔電などの急ぎの電報などは15時までに申し込みすれば、
郵便局から、当日配達が可能です。
郵便局のレタックスは速達扱いになりますから、
年中無休なのもいいですね。
郵便局が配達すると言う事で、電報の利用者には
安心感がある確実なシステムだと伝わっています。

web電は24時間、携帯電話やパソコンのインターネット環境から
いつでも申し込みが可能ですから、
海外からでも日本国向けの電報が利用できるのも
大きな特徴ではないでしょうか。


さらに、オリジナル電報やスマート電報も贈れます。
あなたらしい独自の電報文章を考えて
送ってみませんか。

Page Top ▲

郵便局の祝電はレタックス

郵便局の祝電はレタックスと言います。


郵便局も郵政民営化になり、民営事業で進められていますが
祝電や弔電などの電報業務は引き続き行われています。
「レタックス」は郵便局の行う電報業務の呼び名ですが、
そのサービス内容は、ほとんど変わってはいません。


祝電は入学式や卒業式、結婚式、記念日、誕生日など、
様々な場面で使用されていますが、
郵便局のレタックス電報で祝電を贈る場合について
主な特徴をお伝えします。

郵便局の祝電や弔電などの電報である「レタックス」は、
直接、最寄の郵便局へ出向き、窓口で申し込みます。


祝電や弔電などの電報文章は、文例や例文を参考にしながら
作ることが出来ますが、手書きであり、その書いた手書きの文字
そのものが、台紙に繁栄され、そのままの文字体で
相手に送られる事が郵便局のレタックスの大きな特徴でしょう。


文字数に制限は無く、金額も定額ですが、
選ぶ台紙によって、金額が変化するので、注意してくださいね。


インターネットから祝電や弔電などの電報が申し込める時代に
郵便局のレタックスは昔ながらの味を残している
電報サービスであると私は感じますし、
どこか、いいものだなと思えます。

Page Top ▲

web電とは

web電とは何でしょうか?


web電とは、お祝い事の祝電や、お悔やみの弔電などの電報を
郵便局のレタックスやオリジナル電報で格安で届ける
サービスの事を言います。


web電の大きな特徴に
インターネットから申し込みが出来て、レタックスなど
即日配達できるほか、オリジナル電報もネットから手配できるのです。
普通、郵便局のレタックスは、直接窓口まで出向して、
祝電や弔電の電報を申し込むのですが、この
web電を使用すれば、インターネットから電報が申し込めるので、
自宅にいながらして、郵便局のレタックスやオリジナル電報が
送れるという画期的なサービスなのです。

ネットから祝電や弔電を申し込むのは不安で・・・
と言った方もいますので、そう言った方は、
直接、最寄の郵便局に行って、レタックスで申し込むといいです。


ですが、自宅にパソコンがあって、インターネット環境も整っていたり、
郵便局まで行ってる時間がなかったり、深夜しか時間が許されない人などは、
ネットから24時間申し込みが出来る
web電をご利用されると便利ですよね。


web電のご利用金額も、910円から1290円の間で
電報申し込みが出来ますので、他の電報会社と比べても
かなり格安な電報ではないかと思います。

Page Top ▲