スポンサードリンク

トップページ >祝電 文例 例文> 祝電の文例のオリジナル

祝電の文例のオリジナル

祝電を送る際、結構文面に迷うことも多いかもしれません。
最近は、インターネットなどでも簡単に祝電の手配ができるようになりました。こうしたところでは、大抵、結婚、入学、などそれぞれに応じた文例が用意されています。これを利用すれば、文面に迷うことも無いでしょう。
しかし、出来れば、自分のオリジナルの文章の方が、心がこもったものになります。文例を参考にしながら、自分の言葉も織り込んで、独自の祝い文を作るようにすれば良いでしょう。
祝電と言えば、一番の代表は、やはり結婚式でしょう。結婚式の披露宴の会場で、祝電の披露は恒例と言っても良いものです。祝電を贈る場合、この場で自分が送った祝電が読まれる可能性も高いので、やはり、オリジナリティーのある文章にした方が良いでしょう。
結婚式での祝電の文例としては、
■ご結婚おめでとうございます。お二人のご多幸を心よりお慶び申し上げます。
■華燭のご盛典を祝しますとともに、お二人の新しい門出にあたり、心から、ご多幸とご健康をお祈りいたします。
■ご結婚おめでとうございます。新しい人生のスタートにあたり、これからの長い道のりを、末永く二人三脚で進まれることを、心より願っております。
文章の長さとしては、30~100字くらいが適当でしょう。ここに紹介しているのがごくオーソドックスな祝電の文例ですが、こうしたものの言葉を組み合わせ、適当にシャッフルするのが一つの方法です。
これに、親しい友人の場合、冒頭に「・・・ちゃん、結婚おめでとう」などと、普段呼び合っている愛称などを入れると親しみが増します。最後に、・・・より、と、自分の通称も入れると良いでしょう。
親しい友人の場合は、個人的な思い出もいろいろとあることでしょうから、そうしたものを折り込むと、相手にも喜ばれます。学生からの友人だと、ちょっとした学生時代のエピソードを語ったりするのも粋なものです。
ただ、あまり文章がだらだらと長くなるのはよくありませんし、こうした場で、あまりプライバシーに関わったことを述べるのもよくありません。出来るだけ、簡潔な文章で、さらりと思い出を述べる程度が良いでしょう。
祝電では、よく禁句、というものが言われますが、会社関係の取引先ならある程度気をつける必要がありますが、親しい友人関係の場合、最近の若い人は、あまりそうしたものは気にかけないので、神経質になる必要も無いでしょう。要は、相手に対する祝いの気持ちをいかに心を込めて伝えるか、なのですから。

【価値あるニュース】

ヴィトン 限定品
ルクルーゼ 限定品
ルイヴィトン 限定品
シャネル 限定品
g-shock 限定品

Page Top ▲