スポンサードリンク

祝電の電報

祝電の電報には、NTT電報や郵便局の電報がありますが
今ではどの様な役割を担っているのでしょうか。


祝電の電報は、結婚式や入学式、卒業式、合格祝い、
就職の内定、誕生日、記念日、入園式、還暦祝いや
昇進、定年、退院祝い、出産、快気祝い、新築祝い、
開店など、様々な場面で祝電の電報は使用されていますよね。


祝電も昔から「お祝い」を意味しており
家族や親戚、友人や友達、仲間、さらには
会社の同僚や上司、部下、また、おじいちゃん、おばあちゃん、
父親や母親、兄、姉、妹、弟などに電報を贈ることが多いと思います。


では、現在では祝電の電報の存在と言うものは
どの様な意味を持ち、どの様な時に贈られるのか考えてみたいと思います。

祝電の電報は近年では、お祝いを祝福する、
と言う意味は持ち続けているのですが、
ある意味、「ステータス」とか、「ブランド」にも似た環境にも思えます。


祝電を贈ると言う事は、一種のアイテム化を感じるのは
色々な祝電の電報の会社が出来てきたことで、差別化をはかり、
様々な祝電のレパートリーやスタイル、種類が増ええてきた事により、
お祝いのための祝電の電報ではあるのですが、どこか、
お祝いアイテム・・・・・と言った一つのブランドが出来たのではないでしょうか。


本来、祝電の電報が持っている意味とは、また違ったニュアンスを抱くのは、
インターネットやパソコンの普及や、携帯電話の普及によって、
サービスの質や特徴が手軽に使えることや簡単にネットで申し込めることにより
多種多様な独自サービスが増えた事への表れだとも感じます。


祝電の電報はこれからも使い易さと手軽さはもちろんあって欲しいですが
伝統や歴史も引き継いでいってほしい、無くしたくない心のアイテムですね。

Page Top ▲