スポンサードリンク

トップページ >NTT 祝電> NTT東日本の電報の不都合情報

NTT東日本の電報の不都合情報

NTT東日本の電報配信システムに不具合が発生した情報が流れていますね。

詳しくは、11月13日午後2時6分ごろ電報配信システムに不具合が発生し、電話やファックスで受け付けた電報のうち326通について、通常通り配達できない障害が発生したとNTT東日本が自ら報じており、やはり最大手の通信会社でありますから、トラブルの報告も早く、信頼があってのサービスと自負しているな~と清く感じますね。
最近わだいになる隠蔽問題やごまかす事をしないNTTの姿勢には素晴らしいと感じます。

しかし、何故この様なシステムの不都合や問題、トラブルがおきたのか?
NTT東日本側は不具合の原因について調査中だそうですが、度々起こされるとやはり、電報の祝電や弔電を利用する方々にとってはサービス利用離れがおきるとも限らないので、原因を突き止めて、早急に改善していただきたいですね。

NTT東日本は、326通に配達遅延が生じたことがわかった時点で予備のシステムに切り替えて、現在は通常通り運用されているそうです。
予備システムってあるんですね~知らなかった(汗)
電報の遅延は祝電にしろ、弔電にしろ、遅れてはこまる都合が多いのですから、どんなトラブルが起きても、依頼された利用者の電報の時間だけは厳守していただきたいですね。
電報サービス業者も色々と増えてきて競争化が激しいですから、信頼度や特徴あるサービス内容はこれからも比較されるでしょうね。

Page Top ▲