スポンサードリンク

トップページ >祝電 マナー> 祝電と宛名のマナー

祝電と宛名のマナー

祝電を送るのに、宛名の書き方にも結構戸惑うことがあるかもしれません。
結婚式の祝電の場合、宛名は、入籍前なら旧姓が基本となります。
ただし、入籍済みの場合はこの限りではありません。
こうした、ちょっとしたマナーも大切です。
また、披露宴の主催者が両家の親の場合は両家の親の名前で、新郎新婦の場合はふたりの名前で出すのが一般的です。
相手と全く面識がないような場合、連名にはせず、本人だけの宛名で良いでしょう。
祝電が縦書きの場合、新郎側の住所氏名を右側に、新婦側の住所氏名を左側に記載します。
横書きの場合は、新郎側の住所氏名を上に、新婦側の住所氏名を下に記入するのが一般的です。


敬称は「様」が一般的ですが、恩師や医師には先生を使います。
名前を書くときは、旧字体、人名外字などを間違えないように注意します。
略字ではなく正しい字で書きます。
封筒の向きにも注意しましょう。
出来れば、印刷した字ではなく、手書きで宛名を書くべきでしょう。
字が下手な場合、他の人に代筆してもらっても構いません。
やはり、手書きの方が温かみがあるものです。


宛名書きを印刷する場合は、結婚式のスタイルや招待状の雰囲気に合わせて字体を選ぶことです。
毛筆風、行書体、楷書体、教科書体など好みに合わせて決めると良いでしょう。
結婚式場に祝電を贈る際、あて先の結婚式場の住所の最後には、・・・気付、と記します。


結婚式以外、祝電で宛名に困るケースもあったりします。
例えば、取引関係で、ある人が役員に昇進することが決まった場合、昇進祝いの祝電を打つことがあります。
こうしたとき、宛名は、旧役職名で良いのか、新しい役員職の名前にすべきか、迷うところですが、こうした場合は、まだ役員に正式に就任していないのに、新しい役職名にするのもおかしいので、やはり旧役職名で良いでしょう。
この上で、○○への昇進おめでとうございます。と、本文で述べることです。


祝電の場合、宛名は、敬称や気付けなどに気を配ればよいですが、通常の手紙、はがきとなると、きちんとした宛名の書き方を心得ている人は結構少ないかもしれません。
親しい友人関係ならともかく、会社関係の場合、取引先に文書などを送る場合、宛名の書き方で最低限のマナーは知っておいた方が良いでしょう。
サイトで検索すれば、ビジネスマナーとしての宛名の書き方も、いろいろと参考になるものが見つかるものです。


【参考にしたい情報】


シャネル 店舗
シャネル エゴイスト
シャネル ブーツ
シャネル イヤリング
シャネル カンボンライン


Page Top ▲