スポンサードリンク

トップページ >祝電 マナー> 冠婚葬祭の祝電に関して

冠婚葬祭の祝電に関して

冠婚葬祭とは、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼、という日本古来の四つの儀式のことです。
このうち、祝電を打つ機会というのは、やはり婚礼が一番多いことでしょう。
これ以外で、電報を打つ機会としては、葬儀の時の弔電が多いかもしれませんが、これは、祝電とは関係がありません。
婚礼での祝電は、披露宴の場で披露されるもので、結婚式の会場に送るものです。
詳しい送り方や、マナーなどは、サイトでいろいろと調べることが出来ます。


元服に当たるものとして、例えば、成人祝いがあります。
ここで、一つ知っておいたほうが良いのは、成人祝いは、満20歳の人に、1月の成人の日までに贈るもの、ということです。
成人の日は、その年によって日にちが変わるので、事前にカレンダーで確認する必要があります。
今年、20歳で成人を迎える人に、誕生祝と成人祝いを兼ねて、誕生日の日に祝電を、と考えることもあるかもしれませんが、成人祝いと、誕生日の祝電は、別と考えた方が良いでしょう。


親しい友人や、取引関係の知人の子どもさんが七五三を迎える時も、祝電を送ると喜ばれるでしょう。
もとは11月15日に数え年で女児は三歳と七歳、男児は五歳のときに祝いましたが、今は満年齢で数えることが多いようですので、どちらで祝っても構わないようです。
地方によっては男女の区別なく祝う場合もあります。
これ以外、元服での祝電と言えば、卒業祝い、入学祝、入社祝い、などの祝電があります。


祭礼関係の祝電と言えば、例えば、何がしかの賞を受賞した人に送る祝電があります。
学問・芸術の功績に与えられるのが紫綬褒章。
他に、紅綬褒章(人命救助)、緑綬褒章(道徳的な行い)、藍綬褒章(教育・社会福祉)、紺綬褒章(財産を公共に寄付)、黄綬褒章(業務の功労)の6種類の褒章があります。
新聞などで知人の受賞を知ったら、すぐに祝電を打つのがよいでしょう。
電話だと、応対に忙しくてきちんと受けてもらえない可能性が高いものです。
後日、お祝いを持参するとよいでしょう。
受賞の祝賀会などがあるなら、その会場へ祝いの品や花束などを送ることです。


友人・知人の昇進、栄転などの時は、祝いに現金を送る必要はありません。
ちょっとしたお祝いの品を、祝電のメッセージを添えて送ると良いでしょう。
両親が還暦や、銀婚式、金婚式を迎える時、直接行ってお祝いが出来ない時も、タイムリーに祝電を送るのが良いものです。


【話題のニュース】


フェラガモ(feragamo)
アディダス
ナイキ
プーマ
コンバース
レスポートサック

Page Top ▲