スポンサードリンク

トップページ >祝電 マナー> 祝電のマナーやルール

祝電のマナーやルール

祝電には、送る側からすれば、守るべき最低限のルール・マナーと言うものもあります。恥をかかないためにも、やはり知っておいたほうが良いでしょう。
一番に知っておくべきなのは、やはり結婚式への祝電でしょう。
祝電は、結婚式・披露宴が始まる一時間前には会場に届くように手配をします。この場合、会場の住所、会場名、日時などを間違えないように注意しなければいけません。また祝電の宛名は、新郎あるいは新婦名(旧姓)で、差出人名はフルネームで打つようにします。

会場で読み上げられる可能性もありますので、大勢の方や年配者などに披露されることも考えて、文面を配慮する必要があります。
よく、別れ、離婚、再婚、などを連想するような言葉は入れてはいけない、と言われます。いわゆる、禁句というものですが、これは、あからさまにそうした類の言葉が出てこない限り、あまり神経質になる必要は無いでしょう。
できるだけ、自分の言葉で、心のこもった文面で祝電を送ることが大切です。
電文自体は友人や知り合い・上司など立場や間柄によって様々ですが、文面よりは心がこもっているかの方が大切ですので、あまり堅苦しく考えないことが大切です。

出産を祝う電報や祝電は一刻も早く伝えたいものです。出産での祝電の基本は、産婦と生まれた赤ちゃんの健康を案じ、その子の将来に幸あれと願うような文面が基本となるでしょう。
まだ名前が決まっていない場合が多いので、赤ちゃんについては、御若子(わかご)とか男児、女児、男(女)のお子様、赤ちゃん、などと呼びます。
また、母と子については、御若子様とかお二方様と呼びます。ご出産、またはご出生、と言う言葉使いは、少し格式の高い感じを与えますので、会社の上司、取引関係などでは、この言い方を使うのが良いでしょう。

入学祝の祝電も、最近は結構慣例化しているようです。
幼稚園や、小学校の場合、あまり格式ばった祝電は必要ないかもしれませんが、それでも、家族にとっては一つの大きな節目となることでしょうから、祝電を送ると喜ばれるものかもしれません。
増してや、高校、大学入学の場合、志望校に合格できたのなら、是非祝電を送ってあげるべきでしょう。この場合、うまく志望校に合格できたのか、事前に情報を得るようにし、タイムリーに、これからの勉学に励むよう、激励の言葉を投げかけるような文面がふさわしいでしょう。
こうした祝電の場合、あまり決まったマナーと言うものはありませんが、とにかく、心のこもった、オリジナルの文面を考えることが第一でしょう。

【ためになる知識】

ホワイトデー 限定品
東京 限定品
ワンフェス 限定品
特別 限定品
コスメ 限定品

Page Top ▲