スポンサードリンク

トップページ >記念日 祝電> 叙勲の祝電について

叙勲の祝電について

叙勲の祝電について考えてみましょう。

そもそも、「叙勲」とは何であるか答えられる人の方が少ないと思います。
「叙勲」とは、国家や公共のために功績・功労を残した人物を称えるものであり、それに伴う勲等を授け勲章を与える行為を示した呼び方であり、1年間に春と秋の2回行われる行事です。
「叙勲」に選ばれる方は大変な名誉と格式の高い地位を感じるわけですから、祝電を贈る場合にも、相手の最大となる喜びの場に電報を贈るという行為を少なからず感じることも必要でしょう。
つまりは、祝電のマナーを十分重んじる事が大切かもしれません。

叙勲の祝電を贈る場合は、たとえ友達、友人であっても、この時ばかりは相手の最大の名誉も考えて、普段冗談ばかり言い合っている中でも、慎んで文章をつづらうべきでしょう。
親しき仲にも礼儀あり・・・この言葉が似合うのが「叙勲の祝電」なのかもしれません。

叙勲の祝電の注意点としては、一般的な形式ある文章で問題ないですが、やはりオリジナルの気持ちを言葉で少しでも表すのは受け取る相手もうれしさが深いでしょう。
失礼の無いように文章を考えたり、送る事はもちろんですが、国民的なお祝いの儀式であり、格式も高いのですから普段は冗談で通じる言葉でも控えた方がいいでしょう。


また、叙勲の祝電を贈る時期やタイミングは受賞が決まってすぐにでも問題はありません。
授賞式直前や式後などはもっての他ですし、早めに贈れるほうがいいでしょう。
祝電を贈ったその後にお祝いの品など贈るのがベストです。
叙勲は受け取る側にとっては最高の名誉ですから、祝電もマナーを重んじて気を使いましょうね。

Page Top ▲