スポンサードリンク

トップページ >結婚記念日 祝電> 結婚記念日に詩と祝電を贈る

結婚記念日に詩と祝電を贈る

結婚記念日に、心を込めた“詩”を贈るというのはどうでしょうか?
それから「祝電」なども夫婦間で執り行うって言うのも面白くないですか!?
詩も祝電も、あまり普通にはない贈り物だと思います。
自分で書けたら申し分ないのですが、自分ではちょっと難しいけど
贈ってみたいという人のために、名前にちなんだ詩や絵を創作して、
装画し、額縁に入れてくれるショップがあります。


長年連れ添った奥様に、詩を贈る旦那様なんて、とっても素敵です。
きっと、奥様も惚れ直すと思います。
また、子供達から感謝を込めて両親の結婚記念日に、
プレゼントをするのも良いですね。


挿絵を、相手の趣味や嗜好に合わせたり、詩の一部に名前だけでなく、
思い出の言葉を入れてもらうとか、相手に喜んでもらえるように、
また、贈った記念になるような詩と絵が描かれた額縁なら、ずっと飾っておけます。
それをみながら、色々と話がはずんだりして家族団欒や、
夫婦円満に一役かったりするでしょう。
祝電だって、形として残るので、何度でも読み返せますよね。


入れたい文字数によって、額縁の大きさが変わるので金額も変わりますが、
それほど値のはるものではないので、気軽に贈ることが出来ます。
値段と言うよりは、他にはない、その人だけの物という
希少価値がおすすめのプレゼントです。 ランキング

何度も練り直して、納得ゆくものを作ってくれるので必ず気に入ってもらえるはずです。
例えば、同じ名前の人から依頼を受けた場合も、絶対同じ詩は作らないとのことなので、
ほんとに世界で唯一のものが出来上がります。


若い方よりは、年配の方々に喜んでもらえそうなプレゼントです。
ぜひ、一度試してみましょう。

Page Top ▲