スポンサードリンク

トップページ >結婚記念日 祝電> 10年目の結婚記念日にダイヤモンドと祝電

10年目の結婚記念日にダイヤモンドと祝電

結婚10年目の記念日を、錫婚式あるいはアルミ婚式などという様です。
あまり、ぱっとする記念日ではないですね。
錫製品や装飾品などを贈ると良いようですが、このことにちなんだのか
“スイートテンダイヤモンド”なるものが流行りましたよね。


どんな法律なの?
なんて言いながら、妻の言葉をかわした経験がありますが・・・笑。


アクセサリーが好きな女性は多いと思いますが、中でも
ダイヤモンドのアクセサリーなら、どんな女性にでも喜ばれるのではないでしょうか?
指輪は、結婚指輪や婚約指輪などで使われることが多いと思うので、
胸元にきらりと輝くペンダントなどいかがでしょうか?
10年目ともなれば、やはり今までの感謝の意味も含めて、
色〈カラー〉透明度〈クラリティ〉・カラット〈重さ〉・カット〈研磨〉の
4Cにこだわった、素敵なダイヤモンドアクセサリーを贈りましょう。
ちょっと、金銭的に大変でもその後の態度などに、きっと効果が現れるはずです。
それに、あなたが選んだダイヤモンドを着けて、喜ぶ奥様の顔を見るのは、
旦那様へのプレゼントにもなると思いますが、いかがでしょう?


また、ダイヤモンドをプレゼントする時に祝電など用意しておくのも粋です。
祝電は日にちや会場の指定ができますので、ホテルやレストランで
食事をしながら結婚記念日を行うなら、当日にその場で
祝電を渡すことも出来ますし、素敵な演出だと私は思います。


結婚して10年目ともなると、お子さんもいたりして、
なかなか自分の為に高価な物を買うことは出来ないと思います。 ランキング


でも、買えないときこそ欲しいと思うのが人の常です。
そこを見越して、旦那様がそっとプレゼントすれば、旦那様の株も、ドーンとあがります。


ここは、奮発して光り輝く奥様の笑顔の為に、ダイヤモンドのアクセサリーを
プレゼントしてください。
ダイヤモンドに、こだわりすぎず、誕生石をあしらったアクセサリーも良いですね。

Page Top ▲