スポンサードリンク

祝電の依頼

祝電の依頼をする状況や場合について考えて見ましょう。


祝電はそもそも、結婚式や入学式、卒業式、入社式、内定、出産祝いなど、相手のお祝い事に対して贈る電報でありますが、祝電を依頼するとなると用途が限られてきたり、限定的になるものです。
例を挙げるとしたら、企業や会社から送る場合や、学校やサークルなどの母体から贈るなど、団体名ややサークル名を使った贈り方に限り祝電雄依頼は多いはずです。


よく、企業や会社が個人へ祝電を贈る場合、祝電の依頼は社長名や専務名などの、その企業や会社を代表する方の名前を送り名にするのが通常ではないでしょうか。
会社名で直接、祝電を依頼して贈る場合もあるのですが、やはり、その団体の代表社名を使用することが多く見られ、祝電の依頼のマナーでもあるようです。


学校やサークルが祝電の依頼を申し込む場合は、学長名やサークル代表名がやはり使われています。
また、電報サービス会社に祝電の依頼をできるかどうか直接確かめる事も必要です。
ほとんどの場合は依頼書やメール、FAXでの受付けが可能なところがほとんどです。
会社などでは、総務部などの部署で一度、受け付ける場合が多いそうです。
直接、電報サービス会社に聞くか、会社や企業内に部署や役職があれば、確認するといいでしょう。


ちなみに私は祝電を依頼した事はまだありませんが、個人で出来る範囲内の祝電や電報サービスの申し込みは、今ならインターネットを使うと簡単に申し込めます。
便利な世の中だな~と、つくづく感じます。


G-SHOCK
ロレックス
コムサ
ラルフローレン
アルマーニ
ブーフーウー

Page Top ▲