スポンサードリンク

トップページ >入学式 祝電> 入学式 祝電 知識

入学式 祝電 知識

入学式の祝電についてですが、
入学式と言っても、色々な入学式がありますよね。


小学校の入学式や中学校の入学式、高校の入学式、大学の入学式など、
一般的な入学式といったら、この様に義務教育から大学と言った形で
表現できると思われます。


さらに深く探っていくと、保育所や幼稚園の入園式は学校の入学式に相当しますので
当然、祝電も送って構いませんし、専門学校や特殊大学(防衛大学など)も
入学式があるので祝電を使用することが非常に多いですね。

入学式の祝電には、これからその学校や専門の分野での勉強になるわけですから
しっかりと勉学に励んで欲しいという気持ちと、高校や大学の場合などのように
受験を潜り抜けて合格したのならば、合格祝いの祝電と、入学の祝電は
別にして送ることもマナーであります。
ですが、あまりに合格と入学の期間が短いときには、合格祝いを先にして
祝電を送るほうが良いとされています。


入学式の祝電はこれから勉学に励んだり、新たな事へチャレンジするための
ステップの場ですから、応援のエールのような気持ちを伝えれるように
祝電の文例や例文を参考にしながら、送ってあげるといいですね。


また、海外の学校や大学、専門分野の専門学校などで入学式の祝電を送る場合は、
インターネット電報が非常に便利性が良いので使用してみてください。
主に海外電報で使われている大きな電報会社は『KDDI国際電報』ですね。
国内でも海外でも祝電や弔電の電報は使用できるわけですから、是非、活用ください。

Page Top ▲