スポンサードリンク

トップページ >入学式 祝電> 入学式 祝電 マナー

入学式 祝電 マナー

入学式の祝電のマナーについて考えて見ましょう。


入学式は小学校や高校、大学または、大学院など、
様々な入学式の場面があるものです。
あたらしい門出を祝う意味での祝電でもあり
今後の明るい希望や未来を想像させる言葉を選びながら、
相手を応援する気持ちの文章にしてあげると良いでしょう。


4月になると雪解けもすっかり進み、春の訪れを感じる頃に
真新しい制服や学生服、ランドセルなどの光景を目にする
入学式がやってきますね。

入学式の祝電は、小学校や中学校などの幼い年齢のうちは
ご両親宛に送ったりもしますが、祝電の文章内容は本人へですから、
相手を定めて、相応しい言葉や内容の文章を送るのがマナーです。


これが高校生や大学生の場合であれば、直接本人へ送っても構いませんし、
祝電と一緒にお祝いのアイテムを付ける方もいますが、
やはり、相手も大人の目線で接した文章の書き方がマナーかもしれません。


入学式の祝電といっても、例えば受験を得て、難関を突破して
たどり着いた入学であったりした場合などは、その時の
苦労話的な話はなるべく避けながら、入学に対する
祝電の打ち方が良いとも思われます。


合格には合格祝いの祝電がありますので、ここでは、
入学や入学式に対する祝電のみを考えて贈ることがマナーでもあります。
入学式の祝電のマナーで大切なのは、本人へのお祝いと、
それを支えていたであろう、ご両親へのお祝いの一言を添えるのも
また、心遣いがあって良いかもしれませんね。

Page Top ▲