スポンサードリンク

トップページ >電報 祝電> 祝電 差出人

祝電 差出人

祝電の差出人について解説していきます。


祝電や電報には、相手に送るときに伝票や封筒に見られる宛名の部分ように、
住所、差出人の名前は記入されないのは皆さんご存知でしょう。
結婚式の祝電を例に挙げると、結婚式場に届く祝電の場合も同じく記入されません。
祝電を受け取った方は、良くご存知だと思うのですが、実はそうなんです。


そこで、祝電や電報を送る場合には、出来るだけお受け取りになる方々に
簡単に分かりやすい表記で、必要に応じてご住所などの記入をする事を
お勧めいたします。
その方が、後から見ても思い出しやすいですし、忘れたりする事はないでしょうから。

祝電の差出人の上手な使い方としては
新郎新婦等が日ごろから知っている場合は、グループやサークルの名前だけでもいいので
記載するといった活用の仕方もあります。
祝電は後に残るものですから、当時の時代を振り返って思い出すのには
とても貴重な記録でもありましょう。


祝電の差出人には、記憶に残せる、残す意味があると考えられます。
祝電も自分なりに色々とアレンジを効かせて、印象のある
素敵な祝電を送ってあげたいものですよね!!

Page Top ▲