スポンサードリンク

トップページ >電報 祝電> 電報における祝電の利用法

電報における祝電の利用法

祝電と言えば、やはり、NTTの電報を思い浮かべることでしょう。しかし、最近は、インターネットで、様々な電報を打つことができるサービスがいろいろとあります。
文例集や、綺麗なカードも用意されてますから、参考にすると良いでしょう。
贈る時に注意したいのは、届ける地域と届く時間の確認です。場所によってはあるいは贈る物によっては、届けられない地域だったり日数がかかったりします。早めに確認して、遅くなったりしないように気をつけなければいけません。
今では海外で挙式をあげるカップルも増えていますが、さすがに海外の場合は祝電を送るわけには行かない、と思うでしょうが、中には、早めに手配をすれば海外でも祝電を遅れるサービスを行っているところもあります。必要なら、調べてみると良いでしょう。

電報と言えば、昔は、家族の危篤を知らせる手段などで、よく映画、ドラマでも電報を打つシーンが見られたものです。
電話が普及し始めるまでは、電報はこうした目的が一番でした。
しかし、電話が普及し、その後、ファクシミリ、さらに、電子メール、携帯電話の普及から、最近は、電報も、緊急の連絡のためではなく、結婚などのお祝いの祝電を打つための手段として活用されるのが主体になったようです。
電報はやはりNTTが一番手軽に利用でき、通常の電話だと、115に電話をすれば、祝電の手配が出来ます。これ以外、ネットでも祝電の申し込みは出来ます。

祝電と言えば、NTTなどで、電話を利用して送るもの、と思いますが、実は、郵便局でも、同じようなサービスがあります。それが、レタックスです。
祝電でも、結婚式や大学合格等の祝電や、電報のようにその日のうちにメッセージを届けたいときなどに向いています。
局内ファクシミリを用いて郵便物を高速に送達するもので、レタックスとして文面を郵便局に差し出すと、引き受けた郵便局は、配達先の地域を担当している配達局へ、文章の内容をファックスで送信し、それを封書の形にして届けます。
電子的にやりとりするので、普通の郵便物より早く届くことになります。

かつては、電報というものは、緊急の要件を、できるだけ早く相手に知らせることが一番の目的でした。このため、文面と言うものも、できるだけ言葉を省略し、簡潔な文章でまとめたものでした。しかし、現在はファクシミリやE-mailなどがあるため、電報の役割も変ってきているわけです。お祝いの言葉を、出来るだけタイムリーに、心を込めて、様々な装飾も加えて送るもの。これが今の電報の一番の役割、というわけでしょう。

【今日の人気】

ディオール 限定品
化粧品 限定品
ランコム 限定品
ミズノプロ 限定品
ル・クルーゼ 限定品

Page Top ▲