スポンサードリンク

トップページ >電報 祝電> 祝電について考えてみよう

祝電について考えてみよう

祝電とは、電報により、お祝いの気持ちを相手に伝えることです。祝電でも、良く行われる、一番ポピュラーなお祝い電報といえば、結婚を祝うものでしょう。勿論、その他にもいろいろなシーンで祝電が使われています。
結婚式場では、祝電の披露は恒例と言っても良いでしょう。通常は、披露宴の場で行われます。結婚の祝電を贈る場合、披露宴の開場より一時間前までには届くように手配します。大抵の式場では、一ヶ月前くらいから受け付けてもらえます。できるだけ余裕を持って手配するのが良いでしょう。早めに手配すると、割引などのサービスもあります。
出産祝いの祝電、というものもあります。無事に赤ちゃんが生まれたとき、お祝いにメッセージを送るのに、病室だと電話がありませんし、本人は電話に出にくいものです。こうしたことからも、電報がふさわしいと言えます。逆に、本人から、両親などに、電報で、無事子どもが生まれたことを知らせるのにも電報は最適でしょう。夫が、単身赴任や海外不妊などで、遠方にいるとき、電報だと、夫にいちはやくこども生まれたことを知らせることが出来ます。出産に立ち会えなった夫にとって、電報ですぐに知ることが出来るのは、このうえない喜びでしょう。
合格・入園・入学を祝う祝電もあります。電話はポピュラーになっているだけに、電報でのお祝いも嬉しいものですし、保存しておくことも出来ます。この他にも、選挙の当選祝い、スポーツ・その他の大会での優勝祝い、叙勲、褒章、受賞の祝い、赴任の祝い等、祝電を活用する場は実にいろいろとあるものです。最近は、電話での申し込み以外、インターネットなどでも簡単に申し込みが出来るようになっています。
以前は、祝電と言えばNTTだけしか利用できない、と思われがちでしたが、今はNTT以外でも祝電のサービスを行っているところがいくつかあり、こうしたところもインターネットでいくつか見つけることが出来ます。利用する際は、料金の他、どれくらい前から申し込めるか、例文は豊富に用意されているか、カード、装飾などの種類が豊富に揃っているか、支払方法は、クレジットカード、コンビニ決済なども出来るか、などがポイントになるでしょう。あまりいかがわしいところは利用すべきではありません。受験会場で、学生が、合格祝いの電報を受け付けているところも良く見かけますが、こうしたものは、結構いい加減なところが多いようなので、注意しなければいけません。

【最新情報】

限定品
jam 限定品
レスポートサック 限定品
リラックマ 限定品
京都 限定品

Page Top ▲