スポンサードリンク

トップページ >電報 祝電> 祝電 文面 台紙

祝電 文面 台紙

祝電の文面について探ってみたいと思います。


祝電の文面や台紙選びに困っていたり悩んでる人は多いと思います。
事実、初めて祝電を贈る方などは、最初に悩むのが
文面や台紙だそうですね。
ましてコレが結婚式にも出たことがない、またはそれほど
結婚式やお祝いの場に出かけた回数が少ない方などは
場慣れや経験の少なさから、空気が読めない、わからないと言った
事からもつながって、祝電に何を書けばいいのか悩むものです。


では、どういった観点から台紙や文面を
選んだり考えたりすればいいのでしょうか?

祝電の文面や台紙ですが、先ず、文面いついてですが、
結婚式などの祝電ならば、何十通と言った祝電が届きます。
そのどれもこれもが同じ文章、文面であったら、
あなたはどう、思いますか?


やっぱり、祝電の文例や例文は参考にだけして、
あなたらしい言葉を随所に入れてあげるといいと思われます。
オリジナルは大事ですが、あまりに常識の範囲を逸脱すると、
相手も?と、思いますので、注意してください。


台紙についてですが、個人的な意見としては
あまり気にしなくてもいいのでは?と、思います。


確かに、花柄や刺繍、ぬいぐるみなど、人と違ったものは
何かと目をひくとは思いますが、もらった相手は台紙よりも
その中の文面や文章に一番の関心があるはずです。
どんなに素晴らしい台紙であっても、中の文面や文章が
全くの文例や例文のコピーでは意味がないと思います。


祝電の文面や台紙選びはこの様な心構えでどうでしょうか。

Page Top ▲