スポンサードリンク

トップページ >電報 祝電> 祝電 マナーを考える

祝電 マナーを考える

祝電にも贈り方や打ち方(文章作り)などのマナーがあります。
祝電は大事な心のメッセージですから、最低限のマナーは
覚えておくとよろしいでしょう。


まずは、祝電の文章を作るときのマナーですが、
あらかじめ用意された祝電の文例や例文を
そのまま貼り付けて贈るのは、やはり、やめたほうがいいでしょう。


あなたと祝電を贈る相手との間にある歴史や関係を考えたなら、
あらかじめ用意されている祝電の文例や例文は、やはり、
参考程度にしかならないはずです。

あなたからのお祝いのメッセージなのですから、
あなたらしい気持ちのある言葉を自分なりに考えることが
相手へも心や気持ちが大きく伝わると言うものです。


これが、あらかじめ用意されていた祝電の文例や例文であれば、
祝電をいただいた相手も、義理で贈ってきたのかな?
なんて誤解を招いてしまいかねません。
やはり、自分らしい気持ちの言葉を綴ることこそが、
祝電の文章を考えるときのマナーであることは言うまでもありませんね。


次に、祝電を贈るときのマナーですが、
結婚式の祝電などであれば、日時や会場を確実に確かめ、
式当日までに贈ることはもちろんですし、
祝意はお祝い電報なのですから、うれしい知らせを受けたら、
なるべく早く出すことが大切です。


おめでたい日から何日も過ぎて祝電を送っては、
相手に失礼ですし、気持ちも変わってくるものですから、
少しでも早めに祝電を送ることもマナーですよね。


祝電は基本的には相手への礼節をもったものである必要があり、
忌み言葉が含まれていないかどうかは、最低限チェックすることは、
人としても大切ですので、ご注意ください。

Page Top ▲