スポンサードリンク

トップページ >電報 祝電> 祝電 用途 使い道

祝電 用途 使い道

祝電とは、皆様もご存知の通り、「相手のお祝い事に対して贈るおめでとうの気持ちを示した電文」であります。


祝電を送る場面と言えば色々とあるのですが、例を挙げるならば
結婚式や結婚記念日、誕生日、入学式、卒業式、内定、定年退職、退職、就職、再就職、転職、還暦、出産、内祝、入学、卒業、進学、合格、新築祝い、転勤、退院、七五三、資格取得など、例を挙げたらきりがないくらい、祝電の用途は幅広いものがあります。

皆さんは一度でも「祝電」を誰かに送った事があるでしょうか?
私も何度かは祝電を送った経験がありますが、祝電の会社も実に様々にあるものですね。
ntt西日本やntt東日本、郵便局のレタックス、ハート電報やカード電報、ベリーカード電報や楽天のぬいぐるみカードなんて言うのもありますし、ぬいぐるみ電報やカード電報は非常に人気が高いですね。キティーちゃんやドラえもんのぬいぐるみが祝電カードを持っている場面をテレビ番組などでよく見かけますが、本当に可愛いものですよね!
その他にも、でんぽっぽや、文亭(ふみてい)、e-denpoやweb電報など、祝電を扱う会社は近年、非常に増えてきました。


もちろん、各祝電会社からは祝電の文例や例文がきちんと用意されてますし、自分なりに祝電の文章を考えるとしても、とても参考になる事は間違いありません。


祝電は、日ごろお世話になっている方や、仲の良い友達、自分とってかかわりがある方など、感謝の気持ちを文章に書いて示す、数少ない心の贈り物だと私は考えています。
心ある相手のお祝い事や記念日に心をこめた電文こそ、祝電の持つ大きな特長であり、存在しなければいけない、大切な日本の文化だと感じてしまいます。

Page Top ▲