スポンサードリンク

祝電 結婚

祝電と結婚ついてですが、
結婚というのは、誰にとっても人生における最大のイベントであります。


最近では昔ほど自分の周りのすべての方を呼んだ盛大な結婚式というものは見なくなり
親族とごく身内、仲間だけのスッキリとした教会婚や披露宴が行なわれていますね。
ですが、自分にとって関わりのある方が結婚式をあげる場合には、
お祝いの気持ちをこめて祝電などを送ってあげると相手もうれしいものです。

もちろん結婚式に招待されれば、出席するのが一番いいことですが、
あいにく出席できない場合もあったり、その他の結婚式における事情により
深い理由などで招待されない場合などには、祝電の電報を贈るいうのもいい方法かと思います。


結婚と祝電や電報といえばNTTの電話からの電報を思い浮かべますが、
近年はインターネットからでも祝電や電報を打ったり注文したりする事が出来ます。
祝電や電報も今ではnttばかりではなく、
祝電の文例、文例集、例文も綺麗なカードも各電報会社から用意されてますから、
十分に参考にするといいかと思います。


祝電を贈る時に注意したいのは、届ける地域と届く時間の確認です。
場所によってはあるいは贈る物によっては、届けられない地域だったり
日数がかかったりするので、早めに確認して、遅くなったりしないように気をつけましょう。
相手を祝うために贈る結婚と祝電なのですから、
時間や相手の名前など間違いのないように、マナーや常識を重視して
結婚式の祝電を送りましょね!!

Page Top ▲