スポンサードリンク

トップページ >結婚式 祝電> 結婚式 欠席する場合の祝電

結婚式 欠席する場合の祝電

結婚式を欠席する場合の祝電について考えてみたいのですが、
私の実際にあった経験を元に紹介したいと思います。


数年来、全く音沙汰も無く、交友もなくなっていた昔の友達から
結婚式の招待状がきまして、さらにその後、電話でも招待を受けたんです。
結婚式当日は、仕事で海外に行く予定がありましたから、
どうしても結婚式には主席出来なくて、お断りをしましたが、
実際問題、今現在の仲を考えると正直、招待を受けたことに驚きました。


だって・・・
正直、その方が誰だったか、思い出すまでにいくらか時間がかかった事からも、
本当にひどく久しぶりだったんですから(汗)
結婚式?招待状?・・・・・誰?って、感じでしたからね・・・
驚きや懐かしさもありましたが、どこか、戸惑いもありましたね。

結婚式の招待状が届いてすぐに2人で食事をする機会ができました。
「ぜひ来てほしい」と言うお願いにわざわざ来てくれたんです。
うれしかったですよ、その気持ちが本当に。
ですが、結婚式当日は、海外出張がかなり前から予定で入っていて
どうしてもずらせなく、せめて、祝電を贈ろうと考えました。


今回の結婚式は、、明らかに頭数合わせ的なものを感じたのも事実だし、
今後も互いに付き合っていくような仲ではありませんから、
そんな事を考えると、プレゼントやご祝儀を贈るほどではないと思えるのですが、
せっかく招待状も送ってきて、わざわざ会いに来てくれてるのですから
せめて祝電を送ろうと思ったわけです。


フラワー電報やぬいぐるみ電報の祝電にしようか、カード電報もお洒落だし、
色々考えましたよ。
でも、出席者がそれほど多くないみたいなので、バルーン電報は
今回は辞めましたけどね。
あれって、パーティー的な感じがして、派手すぎるかなと・・・


社交辞令的に贈る気持ちが強くても、値段やプランも考えて
色々と悩むものですよね。
ですが、祝電はお祝いの気持ちですから、
必要以上に悩まず、私の場合は決めましたね。
どんなスタイルの祝電でもいいですから、やはり結婚式に欠席する場合は
招待状を戴いていたら、祝電は贈りましょう!

Page Top ▲