スポンサードリンク

結婚 祝電

結婚における祝電のあり方についてです。


結婚と祝電の関係ですが、知人や友人、身内の方が結婚すると知ったら、
やはり何かお祝いをしてあげたいと皆さん、考えますよね。
さらには結婚式をあげると聞いたら、祝電の電報を贈るの事も
お祝いの気持ちを表すひとつの方法ではあります。
しかし、時として先方から事前に「祝電等お気遣いなく」とアナウンスされることもあります。
この場合は、結婚における祝電や電報の配達は送らないのではなく、
やはり、さりげなく結婚の祝電を送ってあげると良いのです。


その理由についてですが・・・・・

結婚と祝電ですが、例えば海外で結婚式をあげるというような時、
祝電の電報を贈ろうにもちょっと・・・どうやって送ればいいかわからないし、
場所や時間帯の確認もままならないですし、色々と難しい事を考えてしまいますよね。
そういった時を含めて、結婚する当人たちからすれば、
「無理にでも電報を贈らなければならない」とされる、ある意味、義理堅い
日本人の気質を考慮してながら「気持ちだけで結構です」、と気を遣っている事が多いのです。


結婚の祝電は実際、電報といえども贈られれば、結婚する当人たちは
「電報ありがとうございました」とお礼をしなければならないことになります。
ですが、これが仲間であったり、古くからの友人であったり、めったに会えない友達であったり
そのシチュエーションは様々ですから、結婚の祝電もその場の雰囲気や空気を読みながら
やはり、送ってあげれる事が、非常に友達の大切さを感じますよね。
ですが、本当に相手方から結婚の祝電はやめてくださいね!と言ったニュアンスがある場合は
迷惑になると感じた場合には結婚の祝電を出さないよう考慮しましょう。
結婚は何かとバタバタするものです。
こういう場合は、無理に電報を贈ろうとせず、結婚する当人たちの落ち着いた頃に、
お祝いをしてあげることでいいと思います。

Page Top ▲