スポンサードリンク

トップページ >バルーン電報> バルーン電報の祝電は人気が高い

バルーン電報の祝電は人気が高い

最近は、結婚式や祝いの場に送る祝電で、バルーン電報が人気です。
結婚式の当日、披露宴の会場に届けられ、大きな箱を開けると、中からカラフルなバルーンが祝電とともに登場する、という趣向のものです。
注文に応じて、ヘリウムガスを注入し、フワフワと浮くような趣向のものもあります。ちょっとしたサプライズとして、人気が高まっているようです。
大きくてインパクトがあり、贈られた側も招待客も、バルーンがあると結構嬉しいものなので、バルーン電報は活用のしがいがあるようです。

バルーン電報は、バルーンにメッセージカードを付けて宅急便(運送会社さんが)お届けするサービスです。
メッセージの内容は注文する送り主自身の言葉で作ることが出来ます。
希望のバルーンの他に、メッセージカードをカゴに入れてオーダーフォーム内で記入する形がほとんどです。
バルーン電報を贈る際の注意点として、バルーン電報は、まだそれほどメジャーな商品ではなく、結婚式場によってはバルーン電報の扱いになれていない場合もあります。このため、結婚式場に送る際、送り主自身で、事前に式場等の新郎新婦の担当者へ大きな箱でバルーン電報をお届けする事を伝えておく必要があります。

また、民間の運送会社から届けられるために、当日のうちに手配すると、披露宴の時間に間に合わない恐れもあります。このため、送る際は、日にちに余裕を持って手配しておかなければいけません。また、会場の構成に応じて、大きさにも多少は気を配った方が良いでしょう。

最近は、バルーン電報は一つのブームと言っても良いくらいのようで、バルーン電報の手配を行う会社も数多くあります。ネットで調べれば、数多くのバルーン電報の会社が見つかるので、いろいろ比較検討すると良いでしょう。
ただ、あまり大きすぎると、新郎新婦にとって、持ち帰るのにも不便な場合があります。ブーケの形をしたものもありますので、結婚式場の状況に会わせた物を選ぶと良いでしょう。

場合によっては、結婚式場に送るのではなく、新婚旅行から帰った後、新居にバルーン電報を贈る、という形もあります。これだと、二次的なサプライズの効果があって結構喜ばれるものですし、自宅に届けるので、部屋に飾っておきやすい、というメリットもあります。

結婚式以外にも、家の新築祝い、引越し祝い、店の新規オープン、などにもバルーン電報は華やかな演出効果をもたらします。今後もさらに人気が高まっていくことでしょう。

【最新話題の流れ】

焼酎 限定品
2006 限定品
nina ricci 限定品
モンブラン 限定品
アクセサリー 限定品

Page Top ▲