スポンサードリンク

トップページ >祝電について> 祝電の書き方を探る

祝電の書き方を探る

結婚式などで、招待を受けても出席できない場合、祝電を送ることになります。
祝電の書き方で、最低限のルールは知っておいたほうが良いでしょう。
結婚祝の祝電は、披露宴の場で披露されることが多いので、遅くとも披露宴が始まる1時間前までには届くようにします。
祝電を手配するには、NTTの電報の場合、配達日の1ケ月前から申込ができます。
結婚式、披露宴の日程がわかっている場合、できるだけ余裕をもって手配すべきでしょう。
NTTなら、配達日の3日前までに申込をすると、150円(税込157円)の割引があります。
新婦あての場合は、旧姓で送り、差出人名はフルネームにします。


祝電の書き方としては、電報業者の例文を引用するよりも、少しくだけた内容の方が、お祝いの気持ちが伝わるものです。
「切れる」「戻る」などの忌み言葉に気をつけて、会場の雰囲気が盛り上がるような祝電を送る工夫を考えてみることでしょう。
ことわざや名言、俳句などを盛り込むと印象に残りやすいものです。
結婚式の格式、新郎新婦の両家の雰囲気にもよりますが、多少のジョークなら、大抵は許されるでしょう。
一応は、事前に新郎新婦に確認を取っておいた方が良いかもしれません。
電報を配達する宛先の住所も確認しておかなければいけません、ホテル名、結婚式場名、レストラン名などを間違えないようにしましょう。
一般的には挙式をするホテルや式場あてになりますが、自宅や職場に送る場合、社名、建物(ビル名)、マンション名、部屋番号も確認しておくことです。


例え、親しい間柄でも、祝電は敬語を使った方が良いでしょう。
一般的な敬語としては、父はご尊父、お父上。
母はご母堂、お母上。
夫はご主人、ご夫君。
妻は奥方、奥様、ご令室。
息子はご令息、ご子息。
娘はご息女、お嬢様、などの言葉使いとなります。


最近は、祝電の種類も非常に多彩となり、バルーン電報、フラワー電報、ぬいぐるみ電報、ntt電報、郵便局の電報、e-denpo、ハート電報など、様々な祝電の会社、サービスがあります。
この中から、どこの祝電サービスを利用するかは、料金、サービス内容、口コミやランキングなども考慮しながら、自分に一番あったものを選ぶことでしょう。
最終的には、自分の、相手に対する祝いの気持ちが、どの程度表現でき、相手に伝わるか、です。


文章が思い浮かばない場合、例えば、文例の一文を、表現の一部を方言に変えてみたり、短い文例を引用して、その前に、オリジナルの文章を加える、などの方法もあります。


【有名ブランド】


シャネル ファンデーション
シャネル 腕時計
シャネル サンダル
シャネル ポーチ
シャネル チャンス

Page Top ▲