スポンサードリンク

トップページ >祝電について> 祝電の文章のあり方

祝電の文章のあり方

祝電の文章のあり方についてですが、メール、携帯電話の普及に伴い、お祝いの場では、却って、改まった気持ちで、祝電を出すことの良さが見直されているようです。
祝電と言っても、結婚式のお祝い電報(祝電)、出産のお祝い電報、還暦祝いの祝電、合格の祝電、入学祝い電報や卒業祝電、受賞や優勝の祝電など、当選祝いの祝電など、用途も多岐にわたります。
祝電を出す際、NTTの場合は、文章が長くなるほど料金がアップします 。
文章と、料金の関係は、
文字数に応じた料金に台紙の料金を加えたものが、電報料金となります。文字数に換算されるのは、メッセージ文の部分のみで、住所や宛先名には料金がかかりません。
台紙の料金は、カードの種類によって変わり、ぬいぐるみ電報や花束付き電報など、特殊な電報の場合、ぬいぐるみや花の代金が「台紙」の料金として計算されます。

サイトで検索すれば、電報の文章例で参考になるものが多く見つけられます。
いろいろなサイトで、とてもたくさんの電報の例が紹介されています。それをそのまま使うのはちょっと・・・と思うなら、一部だけ使ったり、色々な文章のいいところを組み合わせたり、少し言葉を変えてみることでオリジナルの文章が出来ます。
中には「こんな表現使うの?」と、少しばかり恥ずかしくなるような文章もありますが、自分ではとても思い浮かばないような文章も見つかったりするので、結構参考になるものです。

祝電の文章は、文例を応用すれば作成できますが、できれば、オリジナルの文章が望ましいでしょう。といっても、いざ、祝電を出すのに、文章を考えるとなると、なかなか良い文章が思い浮かばないものかもしれません。
要は、最低限のルールを守りながら、できるだけ簡潔に、心を込めた文章を書くように心がけることです。
相手の方の敬称はどうすれば良いのか、迷うかも知れませんが。基本は、祝電や弔電では親しい間柄でも、敬語を使うことです。
お父さんはお父上、ご尊父。お母さんはお母上、ご母堂。夫はご主人、ご夫君。妻は奥方、奥様、またはご令室。息子はご子息、ご令息。娘はご息女、お嬢様などの敬称を使います。

結婚などのお祝い電報の場合、やはりできるだけフレンドリーに、多少はジョークも交えながら、読んでいて楽しい気分になるようなものがふさわしいものです。自分なりに、これまでで楽しかった思い出などをよく思い浮かべて、文章を考えると良いでしょう。実際に、披露宴の会場で披露され、新郎新婦が聞いていて、どんな気分になるのかも、想像してみることです。

【豆知識】

ジッポ 限定品
headporter 限定品
マクラーレン 限定品
世界限定品
限定品 セット

Page Top ▲