トップページ > 2006年08月

祝電 電報 歴史

祝電の始まりや、電報の歴史について紹介します。


電報(でんぽう)は、皆さんもご存知のように、電信を用いた文書の
配達サービスを意味しています。
電信?文章?と、思う方もいるかもしれませんが、よく言われる、
「電文」が電報であると考えてよろしいでしょう。


電報にも歴史があります。
電報があるから、祝電も生まれたわけですから、
その電報の歴史について学んでみたいと思います。

昔は電話の普及が遅い時代に、両親や親戚、身近な方々の
危篤などを知らせるために緊急連絡の手段として使用されてました。
1960年代に入ると、電話が一般家庭に普及してきて、さらには、
1980年代後半になると、ファクシミリの機能が電話に携帯されて
1990年代後半よりファクシミリ、携帯電話やインターネットの電子メール(Eメール)
などの、新しい通信技術が生まれたことによる一般家庭、一般の方々に
手軽に情報手段が広がってきたため、緊急連絡として使用されていた電報は
その後、使用されなくなってきました。


電報の歴史を考えていくと、今は昔とは大きな違いに気づきます。
現在では、冠婚葬祭での祝電や弔電用に使われてる場面が非常に多くなってきましたし
また、電文の伝達手法も、モールス信号で多くの電報局を人手による解読で中継する方式から、
テレタイプ端末と交換機による電報局間自動中継を経て、ISDNパケット通信、ADSL通信、
光通信などと言った通信方式の進化によって配達委託先への
直接伝送・印刷が使用されるようになってきました。


現在では祝電や電報も携帯電話やパソコンからインターネットを通じて
いつでも申し込みが出来る環境が整っているというのは
非常に便利でよいですね。
電報の歴史も進化してると考えるべきなんでしょうね。
祝電の文例や例文も各電報会社で様々に用意されていますので、ご確認ください。

Page Top ▲